Doorkeeper

【参加無料】変化のためのコーチングにおいて注目すべき3つのこと

2018-04-19(木)18:00 - 18:30
Yangsin Fumihito Fujino Katsunobu Harada Lionel Bikart 浅野剛丈 Hiroshi Sekiya takarada masafumi + 13人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料

アジャイルチームでコーチングをどのように使うか

あなたはアジャイルチームにおいて、アイデアを出し、パフォーマンスを向上させるために、本当に人々をエンパワーしていると感じていますか?

アジャイルコーチングモデルを含む多くの異なるコーチングモデルがここにあります。

詳細

この30分のオンラインセミナーでは、変化のためのコーチングに関する以下の3つのトピックスを学びます。
コーチングと他のアプローチの違いを解き明かし、コーチング環境を共に創る秘訣と、チームをエンパワーし、どのようにチームと協力するかについてお伝えします。

以下の3つのトピックスをお伝えします:

・コーチングとは何か
・管理とコーチング
・コーチング環境の共同創造

4月5日(木)午後6時~
あなたをよりアジャイルするためのコーチングについて、そのヒントを一緒に探りましょう!

議題

【講演は英語で行われますが、日本語と英語の両方を話せるファシリテーターが、スムーズにセミナーを進行できるようにサポートいたしますので、安心して受講いただけます。】

  • 導入 リーンチェンジ、アジャイルと組織開発
  • 変化のためのコーチングにおいて注目すべき3つのこと
  • Q&A

プレゼンターについて

シャーロッテ・マウル

シャーロッテ・マウルは、オーストラリア、フランス、イギリス、アメリカで20年以上変化を専門にしてきたプロフェッショナルである。
シャーロッテの情熱は「変化を別な方法でする」ことで、また力強いガイドであるとともに、共同作業と連続的なフィードバックを取り入れながら、アジャイルを含む異なる方法論からのツールを使用し、変化を実現して行く。
将来的な成功への鍵は、変化を取り入れ、効果的な組織のトランスフォーメーションをもたらすために、組織自身の可能性を伸ばすことだと彼女は信じている。
シャーロッテはリーンチェンジマネジメントのファシリテーター。またProsci®認定のチェンジマネジャー、NLP開業医、レベル1メタコーチ。

ロー・ゴレル

ロー・ゴレルは変化戦略家、そしてこの崩壊的な世界では過去の成功にすがっていられる組織などないという理由から、変化を最大限に生かすことを専門としたコーチである。

彼女は、ツール、テクニック、そしてプログラムマネジメントはもちろん、チェンジマネジメント、プロジェクトマネジメント、ネオ行動主義(習慣のつけ方)、リーンチェンジとアジャイルなどからの方式を組み合わせて、クライアントが自身の変化フレームワークを作る手助けをする。

ローは複数の本の著作も行なっている:

  • 50 Top Tools for Coaching* 1st ed.2009, 2nd ed. 2012, 3rd ed.2015
  • How to Create a Coaching Culture* 2014
  • Group Coaching: A Practical Guide to Optimising Talent In Any Organisation 2013
  • Are They On The Right Bus? The 55-Minute Guide to Talent Management" 2011

*Gillian Jonesとの共著

主催

リンク

リーン・チェンジ・マネジメントのウェブサイト:

http://leanchange.org/

Change Optimised社のウェブサイト:

http://changeoptimised.com.au/

コミュニティについて
リーン・チェンジ・マネジメント

リーン・チェンジ・マネジメント

今日の組織におけるモダン・チェンジ・プラクティス 刻々と変化する社会において、適応力のある組織は生き残るだけでなく、成長もしていきます。このような団体は、変化できる組織へと発展するためのシステムベースのアプローチをどのように作り上げるか探索しているのです。私たちはリーンチェンジ、リーンスタートアップ、行動科学やアジャイルといった変換ツールに焦点を置いています。 組織変化を行うための...

メンバーになる